女の人

ノロウイルスの症状の脅威を知り予防方法を知りましょう

周囲の汚染を予防

鼻をかむ女性

ノロウイルスは非常に小さなウイルスで色々な隙間に入り込みます。それは爪の間から手の平のシワにまで入ってきます。そして少量のウイルス数で症状を発症させることのできる非常に感染力の高いウイルスなのです。ノロウイルスの発生源は冬にとれる真牡蠣とされていますが、ノロウイルスに感染してしまうので食べてはいけないということはありません。冬の真牡蠣もしっかりと火を通し殺菌することで食べることでノロウイルスの感染を防ぐことができます。しかし、真牡蠣を調理したキッチンや器具はノロウイルスに汚染されている可能性がおおいにあります。ノロウイルスに汚染されてしまったキッチンや器具からの感染を予防するためには、しっかりとした除菌作業が必要になります。使用した包丁や皿、キッチンのシンクなどに次亜塩素酸水や電解次亜水などのスプレーを噴きかけ拭き取り、更に15秒ほど経った後にもう一度噴きかけることで除菌に大きな効果がでるでしょう。真牡蠣を調理する際に使用したキッチンペーパーなどのゴミはゴム手袋で処理するのが適切です。このとき、マスクを着けたあとに新しいキッチンペーパーなどでビニールなどに入れ次亜塩素酸水のスプレーなどで除菌してから処分しましょう。処分が終わった際の自身の手洗いを行なうことも予防につながっていきます。ノロウイルスに罹ってしまった人の吐瀉物なども同様にマスクとゴム手袋を着け、より念入りに滅菌消毒することが感染予防に繋がります。吐瀉物のかかってしまった衣類などは洗濯機には入れず、他の汚染物と同様に次亜塩素酸液水を使用して念入りに滅菌してから、手洗いで水しぶきを浴びないように慎重に洗いましょう。このように周囲の環境による感染を予防する為には、念入りな滅菌が必要になるのです。